懐かしのお白粉花 mirabilis jalapa L
c0164716_12533651.gif子供の頃、夏のままごと遊びで夢中になった花の一つです。
オシロイバナの花びらを爪にこすってマニキュアのまねごとをしたり、黒い種をわって中の白い粉を顔につけたり、女性ならきっと思い出があるはずです。

原種名の「Mirabilis」は不思議な、ステキな、驚くべきという意味があるそうです。1本に濃いピンク・黄・白色の花がつき、3色の組み合わせで花ごとに違う模様が現れるのですから、初めて見た人の驚きが伝わってきます。

夕方4時頃、香りを漂わせながら咲き始めますが、清楚で明るい風情のせいでしょうか、木綿の浴衣を着てこれから花火大会に向かう女の子たちみたい、って思えてきます。
c0164716_12039.gif

by abe-mayu | 2009-08-08 13:04 | Summer | Comments(10)
Commented by たぶち at 2009-08-09 23:49 x
阿部さんこんばんは、お久しぶりです。
今年の夏はなんだか変な気候ですね。梅干の土用干しもできません。

オシロイバナは、かおりが夕方に強くなりますね。犬の散歩をしていて、懐かしい香りに振り向くとオシロイバナが咲いています。

生命力も強く、芋のような地下茎が子孫を繁栄させます。
近所に、黄色と赤の斑入りが毎年咲いています。

種のおしろいも子どもには魅力ですね。

今年は天候があいまいですので庭に蒔いた西瓜の種から出た芽が実をつけるのかはらはらしています。
Commented by chin at 2009-08-10 09:09 x
先日、母と近所を散歩していたときにこの白粉花を見かけました。『あら、黄色だわ。珍しい』と母が言ったのですが、私にとって黄色の花はそれ程珍しくはありませんでした。母は一体何色を思っていたのでしょう?
Commented by abe-mayu at 2009-08-10 16:25
たぶちさん 梅干しを手作りしているの?すごい!!
この台風が変な気候を吹き飛ばして
いつもの夏をつれてきてくれるといいなと思います。


Commented by abe-mayu at 2009-08-10 16:31
chinさん 黄色が多い場所と、赤白が多い場所がある気がします。
うちのそばでは赤白が多くて、絵の黄色いオシロイバナはお願いして1枝もらってきたものです。
初対面でも「きれいなので絵に描きたい」というと快く分けてもらえました。ありがたいです。
Commented by ルピナス at 2009-08-13 00:18 x
こんばんは。オシロイバナ、きれいに咲いていますね。
家の近くでも道ばたにたくさん咲いていて、思わず香りをたしかめながら、歩いたり・・・。私もアップしていますので、のぞいてくださいね。
買ったゴーヤを食べた後、種を洗って干しておいたら、こぼれて、今、ゴーヤが育っています。ヒゲまで出てきてーー。支柱たてなきゃなりませんね。果たして実がなるまでに行くんでしょうか。
Commented by abe-mayu at 2009-08-13 16:15
ルピナスさんのブログ拝見しました。そちらでは色が混ざっていない花も多く咲いているんですね。うちの近所は混色の花がほとんどです。
それからゴーヤの生命力はすごいですね。今年は私も種からゴーヤを育てていて今日初めての実を収穫しました。花が咲いて収穫までが10日くらい、はやくて驚いてます。
Commented by しづえ at 2009-08-14 14:51 x
まゆみさん、我が家の裏庭にも黄色いオシロイバナが咲いています。子供の頃日本でおままごとをしたときは、濃いピンクの花ばかりであったように記憶していて、カリフォルニアではじめて黄色いオシロイバナを見たとずっと思っていました。その上、お隣のメキシコ原産だったとは。今はシシトウとローマとこちらで呼ばれる身が厚くやや縦長のトマトの最盛期です。
Commented by abe-mayu at 2009-08-14 15:26
しづえさん オシロイバナは4時頃咲くので英名で four o`clockとありましたが、そう呼びますか?アメリカの子供も種を割って遊ぶのかしら?
Commented by しづえ at 2009-08-19 14:36 x
二つのご質問への私の答えは両方とも「いいえ」です。カリフォルニアの都市部では極めて不動産が高価ですので、共働きが当然で、庭の手入れのできる年齢層は高齢者だけです。また、年間降水量が30cm足らずの上、夏は雨が降りませんから、大概のお宅では芝生を植えて樹木を数本植えた庭にトラックでまわってきて手入れをしてくれるガーデナーさんに月極で支払います。そのため、イギリスのような手のこんだお庭は中流家庭では珍しいと思います。拙宅の亭主は、気ままにランドスケープデザインの仕事をしているために、緑だけは豊富です。
Commented by abe-mayu at 2009-08-19 23:07
しづえさん 広い芝生はうらやましいけれど、他人任せではちょっとつまらない、美しい庭は人生も豊かにしてくれると思います。手入れが相当大変なのは想像できるけどね。
<< 苦瓜の収穫 蝶をよぶ庭 butterfly... >>


Abe mayumi Illustrations Painted Garden Note
by abe-mayu
カテゴリ
News
Spring
Summer
Autumn
Winter
potage
About me
Exhibition
Book
Work
以前の記事
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
外部リンク
ライフログ
仕事で手がけた本
イラストレーター
阿部真由美のブログです。すべての記事事項の無断転載をお断り致します。
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧