食器を繕う
友達のTさんに誘われて金繕いのワークショップに参加しました。
金繕いとは欠けたり割れたりした焼き物を修復する古来からの方法です。繕った金の模様も景色として楽しむ感覚も生まれました。本来なら金や漆を使うのですが手に入りやすい真鍮粉や金属用のエポキシパテで簡単に繕えるやり方を教えていただきました。先生は陶芸家でイラストレーターの堀込和佳さんです。

欠けた部分をエポキシパテで埋め、乾いたらヤスリで元の形に削ります。ここは丁寧に整えます。合成の新うるしに真鍮粉を混ぜて筆でエポキシパテの上を塗ります。1日くらい乾かしたら完成です。
私は欠けた陶器、磁器を3点持っていきました。エポキシパテは10分程で乾くので手早く作業をしないといけなくて、慣れるまであたふたしました。それでも欠けた所を埋めて真鍮粉を塗るとすばらしく立派な焼き物に見えてくるから不思議です。

ワークショップには焼き物好きな女性たちが集まっていました。欠けていても食器には思い出が詰まっています。持ち寄った焼き物の話をしたり、完成したできばえを褒め合ったり、3時間が楽しくあっという間に経ちました。教えていただいた方法で他の食器も金繕いをしてみました。
c0164716_1036784.gif

by abe-mayu | 2012-05-31 11:25 | Summer | Comments(9)
Commented by wakabon at 2012-05-31 12:25 x
こんにちは!すごい!すてきな絵ですね。
もちろん、リンクお願いします。
うひゃ〜〜!感動した!これからもよろしくお願いします
Commented by chin at 2012-05-31 12:29 x
いいですねぇ〜。
行きたかったなぁ〜。
今度、良かったら教えてください。
Commented by abe-mayu at 2012-05-31 17:27
wakabonさん お返事ありがとうございました。
さっそくお名前とリンクを貼りました。
食器の他にも割れた園芸用の鉢があるので直してみたいと思います。この方法で直せるとすごくいい!!

chinさん この絵の他にも直した食器が数多くあります。
粉々に割れないと捨てる決心がつかないようです。
今回欠けた食器ばかりで暮らしている事がよくわかりました。

Commented by seedsbook at 2012-05-31 22:09 x
Twitter経由でこちらへお訪ねしました。
素敵な絵です。
金継ぎはやってみたくて仕方が無いのですが、こちらではそういうことはやらないので日本でいつかやってみたいと思います。水草を書くと言うの例に驚きました!素敵です。今後もよろしくお願いします。
Commented by seedsbook at 2012-06-01 02:49 x
こんにちわ。先ほどコメントをしたつもりで、でも入らなかったようです。(そのほか野生イチゴの絵にもコメントしたのですが、その記事がどこだったのかもう見つからなくなってしまいました。。。) 金継ぎはやってみたくて仕方ないのです。水草を描くと言うところ。。。どうなっているのでしょうか?
いつかやってみたい。
美しい絵をこれから拝見します。
Commented by タケ at 2012-06-01 11:43 x
どの器も素敵になりましたね〜。
蕎麦猪口の水草、いい景色ですね。
Commented by abe-mayu at 2012-06-01 15:19
seedsbook さま ブログを見てくださってありがとうございます。
コメントは3通とも受け取っています。私が見てからアップするのですぐにカウントされないシステムです。ご迷惑をおかけしました。
金継ぎは新うるしと真鍮粉がキットになっています。(釣り竿の修理用で安いです)えつますさんと夏に会うと思いますのでお渡しできますよ。その他必要なのはエポキシパテとテレピン、耐水性の紙ヤスリです。これはドイツでも手に入りますね。
ワイルドストロベリーは2株もらったのを毎年新しい株に植え替えてプランターで育てています。
虫もつかず丈夫でどんどん増えちゃうseedsbookさんの野草箱庭にも是非植えてみてください。

タケさん 水草は以外に上手く行きました。
今度は割れた植木鉢を修復しようと思います。今まで数えきれないくらい割っていますから。
Commented by chic-uni at 2012-06-08 10:41
abeさん、こんにちは。
今月号の「暮らしの手帖」に金継ぎの詳しい方法が載っていて、興味を引かれたのですが、
abeさんのブログでも素敵なイラストを見せていただき、私もやってみたくなりました。
器に新たな命が吹き込まれ景色が変わると、尚一層愛着が湧きそうですね。
Commented by abe-mayu at 2012-06-08 11:59
chic-uniさん 正統派の金継ぎはうるしを使うので
かぶれたり金が高価なので手がでませんが
このやり方でしたら簡単で気軽に出来ます。
もし材料が手に入ったら是非挑戦してみてください。
「暮らしの手帖」も本屋さんでチェックします。
お知らせありがとうございました。
<< 梅雨明けとタチアオイ Holl... ご自由にどうぞ >>


Abe mayumi Illustrations Painted Garden Note
by abe-mayu
カテゴリ
News
Spring
Summer
Autumn
Winter
potage
About me
Exhibition
Book
Work
以前の記事
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
外部リンク
ライフログ
仕事で手がけた本
イラストレーター
阿部真由美のブログです。すべての記事事項の無断転載をお断り致します。
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧