5月のバラ
近くの郵便局まで自転車で行った帰りに、バラのきれいなお宅を見つけました。
色とりどりのカップ咲きのバラ、前庭には芝生、窓に寄り添うようにホリホック。一目でイングリッシュガーデンが好きな方だとわかりました。
手入れをしている女性に「きれいですね!!」と声をかけると
「今年は急に暑くなったのでバラが一気に咲いてしまって、、、すぐに茶色に変わってしまうんです」と困った様子です。
5月は雹が降ったかと思えば気温が30度の夏日もありました。
私たちでも体が気温についてゆけなくて困っているのに、バラも困惑しているのでしょう。

家の事でお世話になったSさんがステキな奥さまと遊びに来てくださいました。
庭で育てているバラのブーケをプレゼントしていただきました。真っ白な「アイスバーグ」、カップ咲きでエレガントな「ピエール・ド・ロンサール」、ピンクのミニバラ「バレリーナ」。
花屋さんに売っているバラとはひと違うナチュラルな美しさです。
こんなバラが庭で咲いているなんて、なんて素敵なんでしょう!!

高温多湿の日本でバラを育てると虫や病気と戦い苦労が絶えません。それでも花に魅せられて育ててみたくなる。こんな美しいバラを見ると私も気持ちがわかる気がします。
c0164716_1821355.gif

by abe-mayu | 2014-06-07 19:12 | Summer | Comments(6)
Commented by aiko at 2014-06-07 21:50 x
もうご近所付き合い始まったのですね。お花を通して。。。
共通の趣味は繋がりやすいですよね。
これから楽しみですね。輪の広がりが。
Commented by abe-mayu at 2014-06-07 23:10
aikoさん さっきアップしたばかりなのにさっそくのコメント嬉しいです。本当はもっと繊細なピンク色のバラなんですが、薄い色はメリハリがでなくて描くうちに濃くなってしまいました。
近所付き合い難しいですけど、趣味が同じ仲間なら上手くゆくような気がします。
Commented by サトウミホ at 2014-06-10 17:37 x
先日は突然お邪魔して失礼しました。
バラ、気に入っていただけて良かったでした。
庭はないのです。奥行き60センチほどの15メートルの長さの植え込みに
数本残るだけになりました。

主人からバラの名前を教えてあげて欲しいと電話がありました。
真っ白がアイスバーグ、ベビーオレンジがバフビューティ、
白に縁がピンクの花びらが多いのがピエール.ド.ロンサール(カシニョールのバラ)、
一重の淡いピンクがマチルダでした。
もしも育てるならイングリッシュローズが香りも良くナチュラルで
育てやすいです。 続く
Commented by abe-mayu at 2014-06-10 21:53
ミホさま バラのブーケをありがとうございました。
オレンジ色のパフ・ビューティーはまっ先にダメになってしまって絵に間に合いませんでした。すぐに写真を撮っておけば良かったです。
いただいたバラは今はポプリにしました。花びらだけでも香っています。
バラの事いろいろ教えて下さい。
Commented by team-osubachi2 at 2014-06-11 09:59
この絵を見ながら記事を読んでいたら
ああ、バラの香りがしてきたわ〜・・・と思ったら
玄関そばで追熟中の梅の実の匂いでした。
そうそう、バラの香りも梅の実の熟す匂いも
私にとっては「猫にまたたび」同然なのでした。笑
Commented by abe-mayu at 2014-06-11 14:38
team-osubachi2さん バラも梅も同じバラ科ですね。似た香りとは気がつかなかったなー。「花より団子」ですかねえ。
<< 夏の菜園計画 田舎暮らしが始まりました >>


Abe mayumi Illustrations Painted Garden Note
by abe-mayu
カテゴリ
News
Spring
Summer
Autumn
Winter
potage
About me
Exhibition
Book
Work
以前の記事
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
外部リンク
ライフログ
仕事で手がけた本
イラストレーター
阿部真由美のブログです。すべての記事事項の無断転載をお断り致します。
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧