12月のはたけ
c0164716_19461050.gif
師走にはいり急に冬めいて来ました。最低気温が氷点下の日もあって霜が降りる日が多くなりました。庭や畑に霜が降りた景色は心が洗われるほど美しい世界です。しっかり着込んで外へ出てみると柔らかい土の所には高さ5センチほどの霜柱が立っています。ザクザク歩き回ると子供の頃に戻ってみたいで、朝からウキウキしてしまいました。

c0164716_19561556.gif冬の畑には聖護院大根、白菜、
ブロッコリー、芽キャベツ、ホウレンソウ
などを植えました。
ご近所のプロの畑ではすでに収穫の最盛期を
過ぎていますが、苗を植えたのが
少し遅れたのでまだ収穫できずにいます。
これからどんどん寒くなるので
ちゃんと育つか心配です。

色分けをしてみると
ほとんどがアブラナ科の野菜達です。
収穫しないで花を咲かせたら
春は菜の花畑になるのかもしれません。



c0164716_2021389.gif

白菜の苗は最初に葉を平たく広げて、しばらくすると新葉は上に立ち上がります。
その頃は青虫やコナガの幼虫を毎日手で取るのが日課でした。
虫たちは柔らかくて美味しそうな中心にいることが多かったです。
私も柔らかな真ん中が好きですから
仕方ありませんね。
ハクサイはあと少しで収穫できそう。
霜よけにワラで外葉を縛りました。


霜が降りて凍った畑は朝日を浴びてキラキラしています。
霜が消えるのは朝8時頃。それまで温かいミルク紅茶を飲みながら眺めるのが朝の楽しみです。
c0164716_2022012.gif

by abe-mayu | 2014-12-11 20:32 | potage | Comments(2)
Commented by aiko at 2014-12-12 13:15 x
霜柱は子供の頃の良い思い出ですね。
今でも見かけると踏んでしまいます。
マレーシアでキャベツを買うと無農薬なので1個に20匹ものミミズがいます。それも元気なので買うのを躊躇してしまいます。この寒さに沢山の野菜楽しみですね。
Commented by abe-mayu at 2014-12-12 18:45
aikoさん 20匹のミミズはさすがに怖いなあ。中に虫が残ってしまうと野菜の真ん中を食べながら大きくなるので美味しい部分が台無しです。無農薬野菜は手間がかかるので値段が高くても仕方ありませんね。
<< 2015年は「フルーツカレンダー」 カリンのジャム >>


Abe mayumi Illustrations Painted Garden Note
by abe-mayu
カテゴリ
News
Spring
Summer
Autumn
Winter
potage
About me
Exhibition
Book
Work
以前の記事
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
外部リンク
ライフログ
仕事で手がけた本
イラストレーター
阿部真由美のブログです。すべての記事事項の無断転載をお断り致します。
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧