秋色は見逃せない
寒い季節に生まれたせいか、晩秋から初冬にかけての移ろいが好きです。
日一日と日暮れが早まりちょっぴり寂しい気分になりますが
紅葉が最後の輝きを放ち、透明な美しさをまとう時でもあります。
美しい紅葉を見かけるとつい立ち止まって見入ってしまいます。
特に夕方、光が斜めに射したときがひときわ色鮮やかでほれぼれします。
ステンドグラスの光を見ているようでうっとり.この光を「秋光」と呼ぶのだそうです。
昔の人はこんな瞬間にも言葉をあてはめているのですね。

紅葉は不思議です。
モミジは赤、イチョウは黄色など大ざっぱに知っていますが
よく観察をしてみると、葉の色は様々に変化しています。
同じサクラの葉でもそれぞれ粧い方がちがうのです。
緑を少し残して黄色になるもの、赤と茶色になるもの
赤、黄、緑、茶のすべての色を取り込む欲張りな葉もあります。
花の少ない季節ですが、一年で最も色が溢れる時かもしれません。

c0164716_11125618.gif

by abe-mayu | 2007-12-09 14:55 | Autumn | Comments(0)
<< 大根好き 秋の花を味わう >>


Abe mayumi Illustrations Painted Garden Note
by abe-mayu
カテゴリ
News
Spring
Summer
Autumn
Winter
potage
About me
Exhibition
Book
Work
以前の記事
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
外部リンク
ライフログ
仕事で手がけた本
イラストレーター
阿部真由美のブログです。すべての記事事項の無断転載をお断り致します。
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧