1センチずつ
気づかないうちに彼岸花のつぼみが立ち上がっていました。
葉のない所から突然花芽が出て茎が40センチくらい伸びます。長いしべの6弁の花が放射状に咲くのでかんざしのように華やか、鮮やかな赤色は初秋には際立って見えます。
お彼岸の頃に必ず咲く花、田畑のあぜ道や河原の土手でよく見かけるのは球根に毒があるためネズミやモグラよけに植えられたからだそうです。
花が咲くとその1センチ外側に葉芽が現れます。来年咲く花の鱗茎が育っている証拠です。葉は冬を越して茂り5月には枯れて何もなくなってしまいます。
彼岸花は中国原産、有史以前に日本に渡って来ました。人の手で運ばれた球根もあるかもしれませんが、はるか彼方から1センチずつ日本に向かって動いて来たのかと想像すると、悠久の時間とその辛抱強さに気が遠くなる思いです。

c0164716_1782185.gif

by abe-mayu | 2008-09-20 09:44 | Autumn | Comments(2)
Commented by えつます at 2008-10-10 20:40 x
彼岸花久しくお目に掛かってません。昔ウチの庭に咲いていました。中国から来たと聞いてあの独特な雰囲気が分かるような気がしました。色といい雰囲気といい中国。見た事無いですが白もあると聞きましたが。
Commented by abe-mayu at 2008-10-11 11:37
えつますさん コメントありがとうございます。彼岸花は郷愁を誘う花ですよね。そうめずらしいけれど白もあるんですよ。白と言うよりほんのりクリーム色、花屋さんでは「リコリス」の名でピンクや淡い黄色も見かけます。
<< 10月のブーケ 9月のプルンバーゴ >>


Abe mayumi Illustrations Painted Garden Note
by abe-mayu
カテゴリ
News
Spring
Summer
Autumn
Winter
potage
About me
Exhibition
Book
Work
以前の記事
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
外部リンク
ライフログ
仕事で手がけた本
イラストレーター
阿部真由美のブログです。すべての記事事項の無断転載をお断り致します。
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧