金木犀と雨
小道を曲がるたびに、金木犀がかおります。
秋の始まりにぴったりの冷たく際立った甘い香り、町中が金木犀の香りに包まれます。
生け垣や庭木、公園の樹木にたくさん植えられています。
匂いに誘われてふらふらと歩き続けたくなる気分になりますが
金木犀が咲く頃は案外雨が多いのです。今日もお昼から雨が降り出しました。
菜種梅雨と同じように“金木犀梅雨“って言葉を使いたくなります。
c0164716_15184285.gif

by abe-mayu | 2008-10-14 15:02 | Autumn | Comments(6)
Commented by chin at 2008-10-15 10:57 x
先日、窓を全開にしていたら、どこからともなく金木犀の香りが漂ってきました。香りの源は多分、5〜6件離れたお家の角に植えられたものでしょう。あんなに小さいのに、どんな花よりも香りのパワーがありますね。
Commented by abe-mayu at 2008-10-15 16:44
本当ですねぇ。香りの精が飛び出してくる感じ、桂花陳酒は白ワインに金木犀を漬けたお酒だそうです。中国の人も何やら香りのパワーを感じたのでしょう。
Commented by mami at 2008-10-15 22:07 x
金木犀梅雨ですか。なんだかロマンティックな響きですね。
金木犀の香り、大好きなのですが
わたしの住む近くではまったく見かけることがなく、
残念です。香りのある花って、いいですよね、やっぱり。
Commented by abe-mayu at 2008-10-15 23:14
香りがいいので海外でも人気が出てきたそうです。
私たちには秋らしい香りですが、西洋の人にはエキゾチックなオリエンタルな香り、、なのかもしれませんね。
Commented by えつ海外駐在ます at 2008-10-16 05:27 x
以前キンモクセイが無性に恋しくなってネットで探して購入しことがあります。こちらドイツではギンモクセイしか手に入らない。寒すぎるようです。かなり元気も無く残念ながら2年ぐらいで終わってしまいました。キンモクセイの方が香りが強いですね。こちらであの香りを説明するのに「桃に似た香り」とされていて確かにこちらの桃のかおりの芳香剤はキンモクセイに近かった......ちょっとショックでした。
Commented by abe-mayu at 2008-10-16 15:41
桃と金木犀近いような、全然違うような、、
よく見かける金木犀ですが冬は−5度ないと育たないようです。えつますさんの所は冬が厳しそうだから難しいのかもしれませんね。

<< 秋草七種 10月のブーケ >>


Abe mayumi Illustrations Painted Garden Note
by abe-mayu
カテゴリ
News
Spring
Summer
Autumn
Winter
potage
About me
Exhibition
Book
Work
以前の記事
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
外部リンク
ライフログ
仕事で手がけた本
イラストレーター
阿部真由美のブログです。すべての記事事項の無断転載をお断り致します。
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧