2月のベニス
初めてのヨーロッパ旅行は20代の頃
建築家を志す女友達と美術の勉強をしていた私の2人旅でした。
重厚な歴史の中から生まれた絵や建築を見て歩く日々。
お金のない貧乏旅行でしたが、刺激的な毎日でした。ヨーロッパ中の列車しかも一等車に乗ることが出来るユーレールパスを持っていたので列車の旅は快適でした。
「あら、あの黄色い花は何かしら?」フランスのニースからイタリアのベニスへ向かう電車の中からその木を見つけました。葉が隠れるほど花で覆われています。気がつけばそこかしこで咲いています。庭木にしている家もあれば並木道もあって綺麗!!

ベニスに到着して町に出てみると、小枝を売る露天が出ていました。人々が黄色い花の小枝を持ったり、胸に挿したりしています。それは初めて見るミモザの花でした。
子供の頃、物語の中で知ったあこがれの花。
黄色くまあるい花が揺れて、なんとも愛らしい。
道行く人達も腕を組み楽しそうに見えました。
お祭りではなさそうだし、ミモザに何か特別な意味があるのかしら・・

あれから20年以上も経ちましたが今でもはっきり覚えています。
ミモザを見かけるとあの時のベニスが蘇ります。花屋さんでミモザを見かけると
つい腕いっぱいの花を衝動買いしてしまうのです。

c0164716_12144095.gif

by abe-mayu | 2008-02-13 12:21 | Winter | Comments(0)
<< 枇杷の花を知っていますか? 雪の日の金柑ケーキ >>


Abe mayumi Illustrations Painted Garden Note
by abe-mayu
カテゴリ
News
Spring
Summer
Autumn
Winter
potage
About me
Exhibition
Book
Work
以前の記事
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
外部リンク
ライフログ
仕事で手がけた本
イラストレーター
阿部真由美のブログです。すべての記事事項の無断転載をお断り致します。
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧