カテゴリ:Spring ( 36 )
4月のブルーガーデン blue garden
ご近所のTさんの家には、たっぷりの陽射しとそよ風が通り抜ける居心地よい庭があります。
この春は白から青へのグラデーションの花であふれていました。
今年のご自慢はフリンジ咲きの大型のパンジー、鉢からあふれる程良く咲いています。ビオラやアリッサム、香りの良いストックやムスカリ、かわいいデイジー、リナリアなどなど、シルバーリーフをバランスよく組み合わせて、エレガントな寄せ植えがいくつもありました。
c0164716_1251340.gif
私が遊びに行くとかならず、庭の花を摘んでお土産に持たせてくれるTさん。この日も自転車のかごが一杯になるほど頂いて帰りました。持ち帰った花たちは、色ごとにいくつかのブーケを作り、急いでスケッチです。これはその中のひとつ、ブルーのブーケ、家で咲いているビオラも加えました。淡い青や紫の色をだすのが難しかったです。
c0164716_1291339.gif

by abe-mayu | 2009-04-12 18:06 | Spring | Comments(6)
ベアグラス carex oshimensis `evergold`
ベアグラスの花が先月から出てきました。
花といってもくしゅとしたエノコログサのような花です。
斑入りの細い葉の間から茶色いものが出て来たので、これは何?って感じでした。
はじめから枯れているみたいで、春らしくない姿って言ったらベグラスがかわいそう。
春を感じて精一杯花を咲かせているのですから。
茶色い花に似合うようにパンジービオラを摘んで合わせてみました。

c0164716_12435186.gif

by abe-mayu | 2009-04-08 12:45 | Spring | Comments(4)
ひとひら cherry blossom
c0164716_18351116.gif桜の開花宣言は3月21日でした。
それから1週間。。。
寒い日ばかり続いています。
ほころび始めた桜も二分咲き程度で
ストップしています。

今日の午前中にメールが来ました。
「桜は二分咲きでもお天気がいいので
お花見を決行しましょう!」

お酒お弁当シートを持って集合場所へ
着いてみると、やっぱり二分咲きです。
桜色に染まるはずの公園はつぼみばかり
ちょっともの足りない風情ですが
平日にもかかわらず大勢の人が
桜を目当てに訪れていました。
早咲きの桜「ヨコハマヒザクラ」の近くに場所を確保しました。

ときおり風に舞う桜の下で食事をするのは格別です。
なにより女性同士の意味のないおしゃべりは気持ちがよく心が解放されます。
満開の桜ではなかったけれど、楽しい時間を過ごしてきました。
私は花より団子そして花よりおしゃべり派なのかもしれません。
by abe-mayu | 2009-03-30 19:24 | Spring | Comments(8)
スイートバイオレット sweet violet
c0164716_23444888.gif玄関先でスイートバイオレットが満開です。
その名のとおり甘い香りのするスミレで、野スミレよりひとまわり大きい花が咲きます。良い香りのするパルマスミレも育てていますが、パルマスミレが早春らしい清らかな芳香なら、スイートバイオレットは甘さが加わり春の喜びを感じる香りです。
古代ギリシャ時代から人々に愛され花束などに使われたのも何となくわかる気がします。

近くでムスカリやハナニラ、ベロニカ‘ジョージアブルー’も咲き競っています。
楽しみにしていた春のブルーガーデンが始まりました。
by abe-mayu | 2009-03-23 23:24 | Spring | Comments(4)
薹がたつ
c0164716_16212938.gif散歩の途中、菊の茂みの向こうから顔を出しているフキノトウを見つけました。
生えている所を覗いてみると地面から花先まで45センチもあります。
フキの葉の3倍の高さです。
フキノトウってこんなに高く育つものなの?

花茎が伸びて堅くなり美味しく食べる時期を過ぎることを
「薹がたつ」なんて言いますが
このフキノトウはあまりにも薹がたちすぎています。
珍しいので根元からポキッと折って家に持ち帰りました。
背が高いのでスイセンとヒュウガミズキと合わせてみたらちょうど良い高さ、玄関に飾っています。
by abe-mayu | 2009-03-19 15:57 | Spring | Comments(7)
四月のすみれ再び
c0164716_2375394.gif

小道のあちらこちらにスミレが咲いています。急いでいると見逃しそうな小さな花
近づいてよく見ると種類もさまざまです。細い葉に紫色の花、ハート形の葉に薄紫色の花、中には白花に紫の斑が入ったものまであります。こういう事に気づくと毎日が楽しくなります。散歩がてら近所のスミレを見て回りました。
新しい種類を見つけるたびにスケッチです。道端のコンクリートの隙間や植え込みの間ほんの少しの土の中で芽を出し思いがけない場所で咲いています。駐車場の片隅で株を大きくしているめずらしいスミレを見つけました。濃い紫に白い斑入り、そこは昼間は車がない日溜まりでなかなか良さそうな場所です。こぼれ種で増えたらしく何カ所かに株を増やしていました。

「スミレは庭に植えるもんじゃない」
と聞いたことがあります。ランナーをのばし増えるスミレ、タネを飛ばして増えるスミレ、おまけにスミレは蕾のままでも実を結ぶ(閉鎖花)ことができるそうです。
たちまち庭中がスミレで覆われてしまいそう。
でもこんな可愛らしい花達なら許せちゃうかも。。。
by abe-mayu | 2008-04-18 20:02 | Spring | Comments(0)
はんなり桜色
c0164716_23324130.gif
桜がはらはらと散り始めました。
この頃の桜が一番好きです。
この美しさを絵にとどめたいと思うのですが
桜の花を描くのはとても難しい。
薄紅色の印象がありますが近くでよく見てみると
限りなく白に近い花色です。
かすかに花びらの付け根が紅色なくらい。
赤い萼や雄しべの色が加わって遠くから見ると
桜色になるのでしょうね。
桜の種類によっては白もあれば
濃い紅色の花もあります。
ところが白く描くとリンゴの花のよう
赤みが強いと桃の花に見えてしまいます。
誰にでも桜に見える薄紅色っていうのが難しいのです。

c0164716_23333523.gif
この絵はホルベインのシェルピンクに
オペラをほんの少し加えて描いてみました。
実際の花よりかなり赤みが強いです。
「はんなりと桜色」
なんて言う絵の具が出来ると嬉しいんだけどなぁ。

絹一疋(二反)を紅花一斤(約600グラム)で染めた布を一斤染めと呼びます。
桜の頃の幸せ感を染めとどめたようなステキな色
一斤染めのスカーフをまとって、ゆらゆらと出かけたら楽しいでしょうね。
by abe-mayu | 2008-04-04 00:04 | Spring | Comments(0)
4月の庭仕事
c0164716_1811249.gif「4月に3日の晴れ間無し」
なるほど雨が多いがあたたかい春雨だ。
ハナカイドウ、ヤシオツツジ、チュー
リップ、桜草桜に負けじと咲き出した。
次々に花が咲くので絵が追いついていかない。

4/1 フウチソウの新芽が伸びたと喜んで
   いたのに猫が葉先を食べてしまう。
4/4 ホスタ、ドクダミ・トリコロールが
   芽を出す。
4/5 多肉のハンギングを仕立て直す。
4/8 八重桜が咲き出した。
4/9 パンジーの花木槿の新芽にアブラムシ
   発見。薬剤散布。
4/10 アザレア満開、サツキが咲き出す。
   ミヤマホタルカズラ開花
4/11 ワイルドストロベリーの花が咲く。
    ミニバラ開花
4/22 オステオスペルマム満開
by abe-mayu | 2008-04-03 23:45 | Spring | Comments(0)
桜づくし
月曜日のお花見は雨で中止になりました。桜の咲く頃はお天気が変わりやすく、寒かったり風が強かったり雨の日も意外に多いのです。おとなしく部屋で絵を描いて過ごしました。
桜の花には毎年心を乱されます。天気予報の桜前線に一喜一憂、ピンク色に膨らんできたからもうそろそろ咲くかしら・・とワクワク、風が吹くと花が散ってしまわないかと心をいため、花吹雪に歓喜の声をあげてしまいます。
蕾に始まり花の散る最後の瞬間までを味わうのは桜だけです。
こんなに愛されるのは何故でしょう。
桜はたちまち私たちを春にするのです。
c0164716_23312217.gif

by abe-mayu | 2008-04-01 23:34 | Spring | Comments(0)
はなの下にて
c0164716_23291895.gif

私が住んでいる町は坂が多く最寄りの駅からはどうしても急な坂を登らなくてはいけません。途中で一休みしたくなるほど急で長い坂道、その坂を登り切ったところにお寺があります。境内には大きな桜の古木が3本、日曜日からほころび始めました。
幹はとても太くごぶも宿り木も付いています。枝はトンネルが出来るほど大きく広がっていています。そんなですから満開になるとそれは見事!!桜の下には縁台がおかれ、夜はライトアップで更に美しくなります。
ある桜の日、息を弾ませこの坂を登りきり見事な咲きっぷりの桜に見とれていると、同じようにもう一人桜を見上げている方に気が付きました。白髪の初老のご婦人です。
柴色の着物をさらりと着て微笑んでいらっしゃいました。満開の桜の下に初老の女性、、とても美しく見えました。そしてふと思ったのです。
桜は春が来れば花を咲かせます。小さいながらも実をつけます。
私はどうでしょう。花が咲くのは若いときだけ、どうせ私は若くないしもういいわぁ、なんて思いがちです。
でも人生は一度きり、心がけ次第で何度でも花を咲かせられるはず。若い桜の木より、ごつごつした古木に咲く花の方が華麗で繊細な美しさがあると気が付きました。
人生を重ねて咲くのはどんな花でしょうか。
きれいな花が咲くように、日々を丁寧に暮らしたいと思います。
by abe-mayu | 2008-03-26 23:34 | Spring | Comments(0)


Abe mayumi Illustrations Painted Garden Note
by abe-mayu
カテゴリ
News
Spring
Summer
Autumn
Winter
potage
About me
Exhibition
Book
Work
以前の記事
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
外部リンク
ライフログ
仕事で手がけた本
イラストレーター
阿部真由美のブログです。すべての記事事項の無断転載をお断り致します。
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧