カテゴリ:Autumn( 30 )
畑のコスモス
実家へ行って、芋ほりを手伝ってきました。父が枯れた芋の蔓を切り、母と私でサツマイモを探します。妹も途中から参加。どこになっているかわからないので注意しながらクワを入れます。蔓の根元より離れたところになっているような感じ、直径20センチの太いサツマイモが何本も穫れました。太いので本数は少なかったけれど、自分たちで食べるには十分です。こんなに太いと蒸かすのに時間がかかりそう。
絵は畑に咲いていたコスモスです。花屋さんのコスモスは茎が太くて花は真上を向いていて優等生、畑のコスモスはあっちを向いたりこっちを見たり、自由気ままにお気楽です。


c0164716_2241764.gif

by abe-mayu | 2008-10-22 22:43 | Autumn | Comments(2)
秋草七種
週末は気持ちのよい秋晴れになりました。
本当は家でやらなきゃいけない事があったのですが、あんまりお天気がいいので散歩がてらランチをしに出かけることにしました。
マンションに寄り添うように生えている柿の木がありました。このあたりにしては高い木、柿は半ば色づいていて食べごろはあともう少しと言う感じです。
運動場の高いフェンスに覆うように茂るクズを発見、この夏は苦瓜で温暖化を防ぐグリーンカーテンキャンペーンがありましたが、クズも負けてないようです。
川沿いを歩いていたらお腹の黄色いキセキレイに遭遇、カワイイ!!
神社の大きなイチョウは紅葉にはまだ早かったけれど、根元に銀杏が落ちていました。
普段通らない道を散歩するのはいいもんです。おかげで秋の風情にたくさん出会えました。



c0164716_18525852.gif

by abe-mayu | 2008-10-19 18:53 | Autumn | Comments(2)
金木犀と雨
小道を曲がるたびに、金木犀がかおります。
秋の始まりにぴったりの冷たく際立った甘い香り、町中が金木犀の香りに包まれます。
生け垣や庭木、公園の樹木にたくさん植えられています。
匂いに誘われてふらふらと歩き続けたくなる気分になりますが
金木犀が咲く頃は案外雨が多いのです。今日もお昼から雨が降り出しました。
菜種梅雨と同じように“金木犀梅雨“って言葉を使いたくなります。
c0164716_15184285.gif

by abe-mayu | 2008-10-14 15:02 | Autumn | Comments(6)
10月のブーケ
地植えにしたダリアが高さ150センチに育ちました。
銅葉のダリアで黄色い一重の花が咲く“ミッドナイトムーン“という種類です。
9月のお彼岸の頃からつぼみがつき始めて、今が盛りに咲いています。
ダリアの原産地はメキシコの高地で、日本の高温多湿は苦手なようです。夏の花の
イメージがありましたが、どうりで涼しくなった10月にに咲き出したわけですね。
夏から咲き続けているマリーゴールド、ジニア、メキシカンハットと花束にしてみました。
偶然、メキシコ原産の植物ばかりになりました。
c0164716_22524765.gif

by abe-mayu | 2008-10-13 16:20 | Autumn | Comments(2)
1センチずつ
気づかないうちに彼岸花のつぼみが立ち上がっていました。
葉のない所から突然花芽が出て茎が40センチくらい伸びます。長いしべの6弁の花が放射状に咲くのでかんざしのように華やか、鮮やかな赤色は初秋には際立って見えます。
お彼岸の頃に必ず咲く花、田畑のあぜ道や河原の土手でよく見かけるのは球根に毒があるためネズミやモグラよけに植えられたからだそうです。
花が咲くとその1センチ外側に葉芽が現れます。来年咲く花の鱗茎が育っている証拠です。葉は冬を越して茂り5月には枯れて何もなくなってしまいます。
彼岸花は中国原産、有史以前に日本に渡って来ました。人の手で運ばれた球根もあるかもしれませんが、はるか彼方から1センチずつ日本に向かって動いて来たのかと想像すると、悠久の時間とその辛抱強さに気が遠くなる思いです。

c0164716_1782185.gif

by abe-mayu | 2008-09-20 09:44 | Autumn | Comments(2)
9月のプルンバーゴ
どんなに手をかけても上手く育てられない草木があります。
反対に何もしないのにどんどん大きくなる植物もあります。
植えた環境がたまたまその植物とぴったりあったのでしょう。
この庭でいうとプルンバーゴがそうです。
5号鉢で買ってきて大きな素焼きの鉢に植え付けました。
そこは玄関脇で雨のあたらない一角、軒下なので真夏は半日陰
冬は日だまりで北風のあたらない所です。
南アフリカ原産のプルンバーゴにはうってつけの場所だったようです。
半蔓性なので壁際に支柱を立てて誘引しています。
蔓は自然と光の方へ伸びてゆき、その先に淡い瑠璃色の花が咲きます。
花は初夏から咲き始めて、真夏は一休み。
これから涼しくなるにつれて花数も増えてゆきます。
蝶もたくさんやってきます。
初秋の白い光を浴びて瑠璃色の花がますます優しく揺れる毎日です。
c0164716_1048835.gif

by abe-mayu | 2008-09-07 15:00 | Autumn | Comments(5)
秋色は見逃せない
寒い季節に生まれたせいか、晩秋から初冬にかけての移ろいが好きです。
日一日と日暮れが早まりちょっぴり寂しい気分になりますが
紅葉が最後の輝きを放ち、透明な美しさをまとう時でもあります。
美しい紅葉を見かけるとつい立ち止まって見入ってしまいます。
特に夕方、光が斜めに射したときがひときわ色鮮やかでほれぼれします。
ステンドグラスの光を見ているようでうっとり.この光を「秋光」と呼ぶのだそうです。
昔の人はこんな瞬間にも言葉をあてはめているのですね。

紅葉は不思議です。
モミジは赤、イチョウは黄色など大ざっぱに知っていますが
よく観察をしてみると、葉の色は様々に変化しています。
同じサクラの葉でもそれぞれ粧い方がちがうのです。
緑を少し残して黄色になるもの、赤と茶色になるもの
赤、黄、緑、茶のすべての色を取り込む欲張りな葉もあります。
花の少ない季節ですが、一年で最も色が溢れる時かもしれません。

c0164716_11125618.gif

by abe-mayu | 2007-12-09 14:55 | Autumn | Comments(0)
秋の花を味わう
c0164716_2335319.gif新潟からクール宅急便が届きました。
急いで箱を開けてみると紫と黄色の食用菊です花びらの先までぴんと勢いがあって瑞々しい、畑からすぐに運ばれてきたのがよくわかります。食用菊は近所のスーパーでも手に入りますがこんなに新鮮で立派な花を見るのは初めてです。
何より香りがすばらしい!!
高貴な花の蜜の香りと言えばいいのでしょうか。花びらにはしずくが溜まっています。
このしずくを集めて長寿を願った
「着綿」の行事が思い浮かびました。
それほど雅な香りです。

子供の頃、菊の料理はきらいでした。
花は食べてみたいけれど苦みが我慢できません。香りの奥に隠れているほろ苦さが美味しいと感じたのは随分と大人になってからです。
新鮮なうちに花びらをほぐし酢を加えたお湯にさっとくぐらせると色がぱぁっと鮮やかになりました。
酢の物にする前にまずはお浸しでいただきましょう!!
by abe-mayu | 2007-10-20 23:31 | Autumn | Comments(0)
10月の色合わせ
ガーデンセンターへ行くと決まってたくさんの花に目移りをしてしまいます。
小さな庭なのに、あれも欲しいこれも植えたいと欲張ってしまうのは誰でも同じでしょう。最初のプランとは違った苗に手が伸びたら要注意。そんな時はまず深呼吸をひとつしましょう。こころを落ち着けて頭を冷やしてから店内を歩きます。
つい花に目がいきがちですが、葉にも気を配って選ぶことにしています。なるべく隣には葉の色やかたちの違う植物を植えるつもりで考えます。そうすると花が咲き終る頃でも葉の表情で風景に変化がでます。小さな庭でもにぎやかで軽やかになるのがいいですね。
中でもコリウスは色も形も様々で組み合わせるには楽しい植物です。毎年バリエーションが増えるので、選ぶのも悩むところですが今年は緑以外の葉色を選んで寄せ植えにしました。シックな色あわせで秋深くまで楽しもうと思います。

c0164716_23401598.gif

by abe-mayu | 2007-10-15 23:39 | Autumn | Comments(0)
白い秋の日
大きな台風が過ぎてからぐっすりと眠れるようになりました。
どうやら身体が秋モードに切り替わったようです。
コオロギ・クツワムシ・カネタタキ
夜、草陰の虫の音を聞いているとすぐにうとうとしてきます。
朝の日差しがやわらかくなったのも、ほっとします。
私の寝室には北向きの窓があって、白いレースのカーテンに白い綿のカーテンを重ねています。
真夏の朝はオレンジ色の刺すような日が刺してきます。
重く厚ぼったくて、まるで今日も40度めざしまっせ!!と言わんばかり。
それがいつの間にか、やさしい白い光に変わりました。
白い光は清々しく軽やかです。日中は汗ばむほどに気温が上がっても、湿度が低いさらりとした一日になります。私はこの9月の光が大好きです。

昔の人は秋を白色として白秋と呼びました。
きっとこの白い光のことをさしているにちがいないと一人で納得しています。
夏の暑さを我慢していた庭の草木も、生き生きとしてきました。
初夏にポット苗で買った夕顔もそのひとつ、ようやく花が咲き始めました。
夕方5時ごろから蕾の先端が開き始め、7時には直径15センチほどの真っ白で大きな花が開きます。朝顔の花より肉厚でサテンのよう、かすかに妖艶な香りがするのも素敵です。

白い秋の夜に咲く白い夕顔の花
9月25日は中秋の名月、十五夜です。
満月の光を浴びていっそう咲き誇ることでしょう。

c0164716_1431049.gif

by abe-mayu | 2007-09-19 14:28 | Autumn | Comments(0)


Abe mayumi Illustrations Painted Garden Note
by abe-mayu
カテゴリ
News
Spring
Summer
Autumn
Winter
potage
About me
Exhibition
Book
Work
以前の記事
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
外部リンク
ライフログ
仕事で手がけた本
イラストレーター
阿部真由美のブログです。すべての記事事項の無断転載をお断り致します。
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧