<   2008年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧
2月の庭仕事
c0164716_1264526.gif2月に入って3度も雪が降った。
日中でも5度を下回る日が多いので
ベランダの鉢植えを部屋の中に避難させる。
立春を過ぎたけれど春はまだ遠そうだ。
「如月」は着物を更に着るという「衣更着」から
きているそうだ。これからが寒さの本番だ。

2/9 日当たりの良いところでは梅がほころび始める。
  ご近所の白梅にメジロを見かけた。鶯だったら
  「鶯宿梅」だったのになぁ。
2/16 北風が強いが、陽ざしは明るく春めいてきた。木蓮のつぼみが膨らんできた。
2/23 お昼頃から曇り始め、ものすごい強風。春一番が吹いた。
   ロウバイ、ミツマタ、マンサク、早春の黄色い花を見かける。
by abe-mayu | 2008-02-27 12:06 | Winter | Comments(0)
枇杷の花を知っていますか?
道すがらご近所の花木を眺めるのは楽しいことです。
ここは日当たりが良いので早めに梅が咲いたなとか、クリスマスローズがもう咲いてるわ・・とか、まるで自分の庭のように愛着が湧いてきます。

ところが昼頃買い物に出てみると
ご近所のクリーニング屋さんの枇杷の木がばっさりと切られていました。
見慣れた木がなくなって、命が一つ消えるのかと思うと心が痛みました。
木造2階建ての家に寄り添うように生えていて、2階の軒にとどくくらいの高さ
初夏にはたくさんの実がなる木でしたが、葉が茂りすぎて困っていたそうです。
枇杷の木にはなんと花が咲いていました。初めて間近で見ました。
枇杷の花ってこんななんだぁ!!茶色くて丸いフェルトのような蕾に
淡いクリーム色の蝋で出来たような花弁で3㎝ほど、香りが良いのに驚きました。
ライチのように東洋的、すっきりとして品のある香りです。

クリーニング屋のおじさんにお願いして花をいただいて帰ってきました。
寒い季節に咲く花は、水仙や梅や柊など
見た目は控えめですが凛としてひときわ香り高い気がします。
11月から2月にかけてもし枇杷の木の下で良い香りがしたら、花が咲いているはず。
是非枝の先を見上げてみてください。

c0164716_121251.gif

by abe-mayu | 2008-02-24 12:10 | Winter | Comments(0)
2月のベニス
初めてのヨーロッパ旅行は20代の頃
建築家を志す女友達と美術の勉強をしていた私の2人旅でした。
重厚な歴史の中から生まれた絵や建築を見て歩く日々。
お金のない貧乏旅行でしたが、刺激的な毎日でした。ヨーロッパ中の列車しかも一等車に乗ることが出来るユーレールパスを持っていたので列車の旅は快適でした。
「あら、あの黄色い花は何かしら?」フランスのニースからイタリアのベニスへ向かう電車の中からその木を見つけました。葉が隠れるほど花で覆われています。気がつけばそこかしこで咲いています。庭木にしている家もあれば並木道もあって綺麗!!

ベニスに到着して町に出てみると、小枝を売る露天が出ていました。人々が黄色い花の小枝を持ったり、胸に挿したりしています。それは初めて見るミモザの花でした。
子供の頃、物語の中で知ったあこがれの花。
黄色くまあるい花が揺れて、なんとも愛らしい。
道行く人達も腕を組み楽しそうに見えました。
お祭りではなさそうだし、ミモザに何か特別な意味があるのかしら・・

あれから20年以上も経ちましたが今でもはっきり覚えています。
ミモザを見かけるとあの時のベニスが蘇ります。花屋さんでミモザを見かけると
つい腕いっぱいの花を衝動買いしてしまうのです。

c0164716_12144095.gif

by abe-mayu | 2008-02-13 12:21 | Winter | Comments(0)
雪の日の金柑ケーキ
雨は夜明け頃から雪に変わりました。朝、そおっとカーテンを開けてみると一面の雪景色。今日は日曜日。急ぎの仕事はないし、食料も昨日たくさん買い込んだので降る雪を部屋からながめながら過ごすことにしました。
時間があるのでケーキでも焼きましょうか。この間から咽が痛くて金柑を買ってあったのです。オレンジケーキをまねて金柑ケーキってのはどうでしょう。
まず金柑の甘煮を作ります。種を取り丸ごとざく切りにしておきます。
卵に砂糖を加えて白っぽくなるまで混ぜたら、金柑の煮汁とオレンジジュース、お酒を加えます。ふるっておいた粉とベーキングパウダーをさっくりと混ぜます。
金柑の甘煮を加えて、溶かしたバターを混ぜ合わせ型に流します。180度で45分。
焼き上がった上から残った煮汁にラム酒を加えたものを刷毛で塗ります。
さめてケーキがしっかりするまで食べるのは我慢。

c0164716_1217245.gif

ケーキを一口ほおばると、柑橘系の香りが鼻に抜けます。
煮汁をたくさん入れたので甘すぎるかなと心配しましたが、金柑の酸味に助けられてほどよい甘さに焼き上がりました。最後にかすかな苦みがありますがここが金柑らしいところウーロン茶を濃いめに入れて午後のティータイム。

お菓子は不思議です。砂糖やバターをこれでもかってくらい沢山使います。健康志向の昨今、身体に悪いんじゃないかと思うほど・・・けれどもケチらないでたっぷり使った方が美味しく出来上がります。美味しいお菓子を口にするだけで、楽しく幸せな気分になるのは何故でしょう。
甘い危険な誘惑?? 誘惑されて美味しいからもう一切れ食べちゃおうかな・・

雪は降ったりやんだり、夕方まで降るそうです。住宅地の見慣れた景色が美しく変わってゆきます。ずっと見ていても見飽きません。
まさに「雪化粧」なんてステキな日本語でしょう。
by abe-mayu | 2008-02-08 12:16 | Winter | Comments(0)


Abe mayumi Illustrations Painted Garden Note
by abe-mayu
カテゴリ
News
Spring
Summer
Autumn
Winter
potage
About me
Exhibition
Book
Work
以前の記事
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
外部リンク
ライフログ
仕事で手がけた本
イラストレーター
阿部真由美のブログです。すべての記事事項の無断転載をお断り致します。
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧