<   2008年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧
はなの下にて
c0164716_23291895.gif

私が住んでいる町は坂が多く最寄りの駅からはどうしても急な坂を登らなくてはいけません。途中で一休みしたくなるほど急で長い坂道、その坂を登り切ったところにお寺があります。境内には大きな桜の古木が3本、日曜日からほころび始めました。
幹はとても太くごぶも宿り木も付いています。枝はトンネルが出来るほど大きく広がっていています。そんなですから満開になるとそれは見事!!桜の下には縁台がおかれ、夜はライトアップで更に美しくなります。
ある桜の日、息を弾ませこの坂を登りきり見事な咲きっぷりの桜に見とれていると、同じようにもう一人桜を見上げている方に気が付きました。白髪の初老のご婦人です。
柴色の着物をさらりと着て微笑んでいらっしゃいました。満開の桜の下に初老の女性、、とても美しく見えました。そしてふと思ったのです。
桜は春が来れば花を咲かせます。小さいながらも実をつけます。
私はどうでしょう。花が咲くのは若いときだけ、どうせ私は若くないしもういいわぁ、なんて思いがちです。
でも人生は一度きり、心がけ次第で何度でも花を咲かせられるはず。若い桜の木より、ごつごつした古木に咲く花の方が華麗で繊細な美しさがあると気が付きました。
人生を重ねて咲くのはどんな花でしょうか。
きれいな花が咲くように、日々を丁寧に暮らしたいと思います。
by abe-mayu | 2008-03-26 23:34 | Spring | Comments(0)
春の息吹
2ヶ月ぶりに実家へいってきました。100キロ北にある地方都市はちょうど梅が見頃
実家の庭でも福寿草が黄色い花を咲かせ、スイセンやクロッカスが蕾を抱えて、これから 暖かな春が来るわよ!と予感させてくれる良い時でした。
この時期楽しみなのが庭のあちらこちらに出てくるフキノトウです。この家に越してきた時、祖母が山蕗を植えてくれました。今では塀を越えて隣の家の敷地まで広がっています。冬の土の中で力を蓄え、昨日まで何もなかった地面に突如顔を出します。フキノトウの蕾の中には、ほろ苦い早春の香りがいっぱい詰まっています。春の七草に入っていないのが不思議なくらい。この芳香で冬に眠っていた身体の細胞が目覚める気がします。あっという間にざるに山盛りのフキノトウが採れました。
「春の山菜は冬の毒消しになるんだよ」と母
それってちまたで話題の"身体の中からキレイにするデトックス"ってこと?
天ぷら、お浸し、みそ和え・・・沢山食べて溜まった毒を出さなくちゃ。

c0164716_23193243.gif

by abe-mayu | 2008-03-18 23:23 | Spring | Comments(0)
3月の庭仕事
c0164716_18172487.gif小鳥のさえずりが耳に心地よい。
春が来るのを喜んでいるようで
私もウキウキしてくる。
中国で生まれた七十二候では
3/11から15日頃を
「桃始笑」(ももはじめてわらう)
と言うそうだ。笑うは蕾がほころぶ
ことにも使う言葉。花も笑み、小鳥も笑み
猫は浮かれて、私も思わず微笑む。
ステキな季節がやってきた。

鉢の水やりが2日おきになる。
10度を下回る日がなくなったので
部屋に避難していた鉢を少しずつ外に出して
慣らす。雨の日が増えてきた。
植物が動き出すやさしい雨。

3/7 スイート・バイオレットが咲き始める。   
3/11 秋に咲くはずのウィンターコスモスが今頃になって咲き出した??
   クレマチスの新芽が動き出す。
3/16 ラッパスイセン、ベロニカ`ジョージアブルー' 開花
3/18 オステオスペルマム開花、白木蓮が満開
3/22 木槿の新芽が出る。獅子吼のサクラが咲き始める。
3/25 ムスカリ開花
by abe-mayu | 2008-03-18 23:20 | Spring | Comments(0)
クリスマスのバラ
「あんなに地味なのに、どうしてクリスマスローズって名前なの?ちっとも綺麗じゃないし、バラじゃないでしょ」Kさんにたずねられました。
花に見えるのは花弁じゃなくて萼の変化したものです。アジサイのように色が変化してゆくところが魅力ですが、確かに地味かもしれませんね。花の姿より名前が先行しているのは確かです。
「クリスマスのバラ」なんてロマンティックな響きでしょう。
クリスマスに咲かないのに、どうしてこの名が付いたのかずっと不思議に思っていました。ヨーロッパでクリスマスローズと呼ぶのは、クリスマスの頃に咲く白花の「ニゲル」だけ、そのほかはヘレボルスと呼んで区別しているそうです。
クリスマスカードに描かれるのもこの「ニゲル」冬に咲く5枚の花弁の「ニゲル」を見つけた人が「まるでバラのようだ!」と思ったのでしょう。
ヨーロッパの人はバラの花が大好きです。
藪椿やツツジの花が欧州に渡るとバラのように豪華な八重咲きに改良されて戻ってきました。そう言う私たちも美しい花を見かけると○○桜とか○○梅とかつい呼んでしまいますよね。美しい花の理想型は国によってさまざま、そこがおもしろいところです。
今年も家の玄関先にクリスマスローズが咲きました。銅色の苞葉に包まれてワインレッドにスポットの入る花です。欧州からはるばる渡ってきた花ですがうつむきがちに静かに咲く風情はなんとも日本的だと思いませんか。
c0164716_2318157.gif

by abe-mayu | 2008-03-07 23:07 | Spring | Comments(0)


Abe mayumi Illustrations Painted Garden Note
by abe-mayu
カテゴリ
News
Spring
Summer
Autumn
Winter
potage
About me
Exhibition
Book
Work
以前の記事
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
外部リンク
ライフログ
仕事で手がけた本
イラストレーター
阿部真由美のブログです。すべての記事事項の無断転載をお断り致します。
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧