<   2008年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧
カンナ分解

c0164716_11181660.gif夏の日射しを受けて
大きく育っているカンナ
力強い入道雲が似合います。
私にとってはひまわりや
サルスベリと共に子供の頃の
夏を思い起こさせる花です。
4、5輪がかたまって咲くので
全体にくしゃくしゃひらひら
した印象「スープの中の
ワンタンみたいだわ」
と思っていました。
今日公園を通りかかったら
茎が折れているカンナを発見。

「これなら家に持ち帰っても
いいかな」

さっそく観察開始です。
花はドットのある2枚の花びらが
雌しべを取り囲むようについてい
てその周りに三枚の花びらがつい
ています。1輪だけだとカトレア
のようなエレガントな花姿です。
ワンタンみたいなんて思って
大変失礼しました。
花びらは1枚ずつ離れているのではなくて、ラッパのように繋がっています。
なぜか雄しべは1本しかありません。
球根で増える植物ですが、これで受粉をするのは確率が悪そうです。
花びらを1枚ずつはがしてゆくと、中心の花びらと雄しべが一体化しています。
雌しべの付け根には甘い蜜がたまっていました。実はちょっとなめてみました。
花の構造が変わっているので図鑑で調べてみると
私が花びらだと思っていたのは、花弁化した雄しべだと知ってビックリ。
じゃあ花びらはどこなの?花の付け根の小さい淡みどり色のガクだと思っていたものが
花びらでした。見慣れた花でも近くでよく見てみると発見があります。
植物の世界は不思議がいっぱいです。
by abe-mayu | 2008-08-27 13:31 | Summer | Comments(0)
野反湖のお花畑
急に休みが取れたので、涼しい山の温泉に行ってきました。
群馬にお気に入りの宿があるんです。そこは有名な温泉地から少し離れた一軒宿
渓流沿いにあって部屋数が少なく、お風呂からの景色が申し分ないんです。
チェックインには少し時間があったので、その先にある野反湖まで行ってみることにしました。
自然豊かな田舎道のドライブは気持ちが解放されます。
ときおり通過する集落にはルドベキア、ハルシャギク、フロックス、ダリアなど
ちょっと懐かしい花々が溢れるように咲いて、それが古い家によく似合っているのです。
森からは鳥やヒグラシの声が聞こえて、夢の世界に迷い込んだような気分になりました。

野反湖は標高1.514mにある静かな湖でした。湖に向かう斜面を少し下って足下を見ると
山野草が目に入ってきました。ノゾリキスゲ、シモツケソウ、野アザミ、チシマフウロ
ウスユキソウ、コケモモまであります。
湖畔を少し歩きたかったのですがあいにく小雨が降り出したのでそれは断念。
展望台のそばの売店で聞いてみると、初夏から初秋にかけて300種以上の高山植物が咲き続くのだそうです。こんな貴重な場所に車でくることが出来るなんてなんか申し訳ないです。
今度は天気のよい時におにぎりを持ってのんびり歩きたいなぁと思います。

c0164716_17403967.gif

by abe-mayu | 2008-08-19 13:28 | Summer | Comments(0)


Abe mayumi Illustrations Painted Garden Note
by abe-mayu
カテゴリ
News
Spring
Summer
Autumn
Winter
potage
About me
Exhibition
Book
Work
以前の記事
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
外部リンク
ライフログ
仕事で手がけた本
イラストレーター
阿部真由美のブログです。すべての記事事項の無断転載をお断り致します。
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧